Wisconsin advisor pulled $1.9 million fraud on clients


The Securities and Exchange Commission Tuesday charged a Wisconsin financial advisor with defrauding 13 clients of $1.9 million and also misrepresenting the risk of GWG bonds and other investments, claiming those investments were low risk.


The advisor, Anthony B. Liddle, 40, was barred from the securities industry last June by the Financial Industry Regulatory Authority Inc. after he failed to cooperate with Finra’s investigation into the matter. Calls to Liddle’s firm, Prosper Wealth Management, or PWM, Wednesday morning could not be completed. The firm had $15.7 million in client assets, according to its most recent Form ADV.


GWG Holdings Inc., which sold $1.6 billion in bonds backed by life settlements through a network of independent broker-dealers, said in April it had voluntarily filed for Chapter 11 bankruptcy protection. Investors don’t know what the L bonds are worth.


From at least June 2019 and continuing through May 2022, Liddle “conducted a fraudulent scheme that defrauded at least 13 of his advisory clients, most of whom were senior citizens,” according to the SEC. “As part of the scheme, Liddle also made misrepresentations to advisory clients. Liddle followed a common pattern during the scheme.”


Liddle directed clients to sell positions in securities and then to invest in the GWG bonds and other riskier investments, according to the SEC.


“First, Liddle misrepresented the risk of GWG L Bonds and other similar investments, and claimed the offered security was lower-risk than existing client investments,” according to the SEC’s complaint. “Based on Liddle’s misrepresentations, certain of his advisory clients were induced to sell, or directed Liddle to sell, existing securities holdings.”


Liddle would then tell clients to send their newly available funds, including some who held funds not managed by his firm, to the Prosper Wealth Management, under the guise that Liddle would use the funds to purchase the new, allegedly lower-risk security on the clients’ behalf.


In the end, he stole the money, according to the SEC.


“Instead, Liddle misappropriated the approximately $1.9 million clients sent directly to PWM, never purchasing any investments as they requested,” according to the SEC complaint. “Further, in order to
maintain the scheme, Liddle fabricated statements and made ‘interest payments’ purporting to be returns on client investments, but were in fact made by Liddle using client funds.”


Learn more about reprints and licensing for this article.


“First, Liddle misrepresented the risk of GWG L Bonds and other similar investments, and claimed the offered security was lower-risk than existing client investments,” according to the SEC’s complaint. “Based on Liddle’s misrepresentations, certain of his advisory clients were induced to sell, or directed Liddle to sell, existing securities holdings.”

Source: https://www.investmentnews.com/wisconsin-advisor-pulled-1-9-million-fraud-on-clients-233112

IARs in 10 states, D.C. must complete continuing education by year-end



IARs continuing education

The CE requirements are the first for investment advisors, who must take 12 credit hours of courses in products and practice as well as ethics.

Investment advisor representatives in several states will have continuing education requirements for the first time.


The states have adopted a regulation that requires all IARs registered in their jurisdiction to complete 12 credit hours of courses — six hours in products and practice and six hours of ethics — by the end of the year. The states where the rule went into effect as of Jan. 1 are Arkansas, Kentucky, Maryland, Michigan, Mississippi, Oklahoma, Oregon, South Carolina, Vermont and Wisconsin. The rule’s also in effect in Washington, D.C.


The regulation is based on a model rule released by the umbrella group for state securities regulators — the North American Securities Administrators Association — in late 2020. Each state must approve the measure either through the legislative or regulatory process.


“NASAA’s IA Representative Continuing Education Committee is working to assist jurisdictions [with] the adoption process and we are pleased to see adoption of IAR CE continue to grow,” Linda Cena, chair of the NASAA committee and licensing manager in the Michigan Department of Licensing and Regulatory Affairs, said in a statement. “Currently 11 states have continuing ed requirements on the books and at least four other states are in the process of adopting a CE framework.”


The CE rule applies to all registered IARs of investment advisory firms that registered with a state as well as those that are registered on the federal level with the Securities and Exchange Commission, according to NASAA background on the rule.


Broker-dealers, who are overseen by the Financial Industry Regulatory Authority Inc., have long had CE requirements. Thanks to the NASAA model rule, IARs are now getting CE obligations as well.


“I think it’s terrific for Oregon and ultimately for anybody in Oregon who works with an investment advisor,” said Jeremy Solomon, president and co-founder of Solomon Exam Prep, which is located in Portland, Oregon, and owned by CeriFi. “It adds to the professionalization of the investment advisory business.”


Advisors in Oregon will have to sign up for and complete 12 credit hours of approved courses offered by firms that are approved by NASAA. Solomon Exam Prep is one of them.


A course that lasts one hour in real time will qualify for one credit hour of CE, Solomon said. Advisors taking the course must score 100% on a quiz taken during or at the end of the course to obtain the credit. No pre-course preparation is required.


“Everything that is tested is in the course,” Solomon said.


The courses can be taken online at the pace the advisor prefers.


Under the model rule, IARs who are dually registered as brokers would meet their state CE obligation if they obtain the CE that Finra requires for registered representatives. States also would accept CE required for certain financial advice credentials — such as the certified financial planner and chartered financial analyst marks — if the educational material is approved for IAR CE.


Learn more about reprints and licensing for this article.


The states have adopted a regulation that requires all IARs registered in their jurisdiction to complete 12 credit hours of courses — six hours in products and practice and six hours of ethics — by the end of the year. The states where the rule went into effect as of Jan. 1 are Arkansas, Kentucky, Maryland, Michigan, Mississippi, Oklahoma, Oregon, South Carolina, Vermont and Wisconsin. The rule’s also in effect in Washington, D.C.

Source: https://www.investmentnews.com/iars-in-10-states-d-c-must-complete-continuing-education-by-year-end-232997

Where Will Disney Stock Be in 3 Years?

The clock is ticking on Bob Iger. The former Walt Disney (DIS 2.00%) CEO that figured he’d enjoy a happy retirement of writing books and potentially pursuing political ambitions is back at the helm of the media giant. There’s a lot to fix at the company, and it’s easy to wonder if he’ll be able to get everything done in two-year timeline he has established before stepping down again.

I’ll cut to the chase: I think Iger will still be CEO three years from now. Let me make an even more brazen market call, predicting that Disney stock will more than double in three years. The shares are down to roughly half of where they were at their peak two years ago, so let’s see why I think that the House of Mouse can be hitting new highs by early 2026 (if not sooner).

Person wearing purple mouse ears admiring Disney World's Magic Kingdom castle.

Image source: Disney.

What might the future hold?

Let’s assume what many market watchers consider to be obvious right now. The global economy will get worse before it gets better, and that’s going to be hit to the gut of Disney as a consumer-facing titan. Advertisers will pare back their marketing budgets for the company’s TV and streaming businesses. The iconic theme parks segment that set new records in fiscal 2022 will be challenged. Box office returns will continue the systemic decline that’s been happening for two decades.

Thankfully, the horizon is brighter than the pothole-filled road that lies immediately ahead. Let’s start with Disney’s media and entertainment distribution segment. Revenue rose 8% in fiscal 2022, as a 20% surge in its premium streaming business was enough to lift flat results at its legacy linear networks.

Disney+ — along with Hulu and ESPN+ — now account for nearly a quarter of the company’s total revenue. The sticking point here is that the direct-to-consumer streaming business served up an operating deficit of more than $4 billion in the last fiscal year. The red ink at Disney+ is the main reason why Iger is here and dismissed CEO Bob Chapek is not. When the platform launched three years ago, the goal was for Disney+ to become profitable by the end of fiscal 2024. With losses widening, it didn’t seem likely. As Iger’s primary objective, you have to like his chances of getting the balance right on the streaming end. It may not happen in two years, but three years from now we could be there. A recent price hike and the addition of an ad-supported tier should help Disney+ in the quest to add to the media giant’s bottom line instead of subtract from it by early 2026.

Ads will naturally come back to the market once consumers are spending again, and Disney’s unmatched content catalog and franchises will continue to make it a desirable market for advertisers to reach. Despite Avatar: The Way of Water becoming the first film since 2019 to top $2 billion in worldwide ticket sales, theatrical distribution will continue to be a challenge for Disney and its peers. The good news is that the company already has strong and established streaming platforms that will help offset any weakness at the local multiplex.

Turning to Disney’s theme parks business, the segment saved it over the past year as “revenge travel” became a thing. Folks paid a premium to get back to the leading theme park operator after scrapping vacation plans in 2020 and at least globally in 2021. This segment will see turnstile clicks slow this year if not next year if there isn’t a soft landing to the mounting economic pressures, but Disney’s gated attractions always bounce back.

The interesting year for the theme parks will be 2025, when its largest rival in Florida opens Epic Universe at Universal Orlando. Disney will need a response if it doesn’t want to squander market share at its largest resort. Iger hasn’t said a lot about the future of Disney’s theme parks business, but if he really wants to cement his legacy — and be able to stay away for good this time — it will have to be about more than just turning Disney+ around. It’s too late for Disney to have a new park in Florida to compete against Epic Universe when it opens, but the plans will likely be in place by then to keep patrons close and shareholders even closer.

Disney continues to be the class act of media stocks. Trailing revenue already exceeds its pre-pandemic peak of fiscal 2019. Analysts see adjusted earnings surpassing the all-time high of $7.08 a share it posted in fiscal 2018 by fiscal 2026. Getting the stock back above $200 in three years seems more than reasonable if Iger is largely successful this time.

Rick Munarriz has positions in Walt Disney. The Motley Fool has positions in and recommends Walt Disney. The Motley Fool recommends the following options: long January 2024 $145 calls on Walt Disney and short January 2024 $155 calls on Walt Disney. The Motley Fool has a disclosure policy.

Image source: Disney.

Source: https://www.fool.com/investing/2023/01/25/where-will-disney-stock-be-in-3-years/

バイナンスは、トークンを実際よりも人気があるように見せる主要な市場操作戦術をブロックするために動きます


  • バイナンスは、自己取引と呼ばれる市場操作の主要な形態を最小限に抑えることを目的とした新機能を発表しました。

  • 自己取引防止機能は、自己取引につながる注文の実行をブロックします。

  • ウォッシュ トレーディングとも呼ばれるこの戦術は、一方の当事者が自分自身と取引して、取引量が増加したという認識を作り出すことです。

Loading 何かを読み込んでいます。

ご登録ありがとうございます。

外出中でも、パーソナライズされたフィードでお気に入りのトピックにアクセスできます。

バイナンスは木曜日に、主要な市場操作戦術をブロックする新機能をローンチする、と仮想通貨取引所は火曜日に発表した。

自己取引防止機能と呼ばれるこの機能は、自分自身と取引を行うユーザーまたはユーザーのグループを取り締まり、取引活動が活発であると錯覚させることを目的としています。

バイナンスは、利用規約で禁止されている慣行について次のように説明しています。

「自己取引は、ユーザーまたは関連するユーザーのグループが自分自身と取引するときに発生します。同じ参加者が取引の両側にいるため、取引された資産の実質的な所有者に実際の変更はありません。」

取引所は、流動性プロバイダーなどの大規模なトレーダーが複数の戦略を同時に実行し、2 つの注文がペアになる可能性があるため、すべての自己取引が意図的であるとは限らないと指摘しました。

同社によると、この新機能は、自己取引につながる注文の実行をブロックするため、意図しない自己取引を考慮しています。

自己取引防止機能はオプションであり、使用しないことを選択したユーザーには影響しません。Binance の API のすべてのユーザーが利用できます。これにより、ユーザーはプログラミング言語を介して会社のサービスに接続し、自動取引を行うことができます。バイナンスのサイトとアプリのユーザーは影響を受けません。

暗号セクターは、市場操作に悩まされてきました。National Bureau of Economic Researchの最近のワーキング ペーパーによると、いわゆるウォッシュ トレーディングは、準拠していない仮想通貨取引所での全トランザクションの最大 70% を占めています。実際よりも流動性が高いという誤った認識を生み出し、他の投資家からの本当の関心を生み出す可能性があります。

Source: https://markets.businessinsider.com/news/currencies/crypto-exchange-binance-self-trading-market-manipulation-token-ftx-cz-2023-1?op=1

マイクロソフト、ChatGPT メーカーの OpenAI への新たな数十億ドルの投資を発表

マイクロソフト CEO のサティア ナデラは、2022 年 11 月 15 日にソウルで開催された同社の Ignite Spotlight イベントで講演します。

チョ・ソンジュン | ブルームバーグ | ブルームバーグ | ゲッティイメージズ

マイクロソフトは月曜日に、ChatGPT メーカーの OpenAI との数十億ドル規模の新たな投資を発表しました。

Microsoft は具体的な金額を明らかにすることを拒否しましたが、Semafor は今月初め、Microsoft が 100 億ドルもの投資を検討していると報告しました。

この契約は、2019 年と 2021 年の Microsoft の以前の投資に続く、両社間のパートナーシップの第 3 段階を示します。Microsoft は、更新されたパートナーシップは AI のブレークスルーを加速し、将来的に両社が高度な技術を商品化するのに役立つと述べました。

マイクロソフトの CEO であるサティア ナデラ (Satya Nadella) は、ブログ投稿で次のように述べています。

OpenAI は、Microsoft のクラウド サービス Azure と密接に連携します。2019 年 7 月、Microsoft は OpenAI を 10 億ドルで支援し、この投資により Microsoft は OpenAI に対するクラウド コンピューティング サービスの「独占的な」プロバイダーになりました。Microsoft は月曜、Azure が引き続き OpenAI の独占プロバイダーとして機能すると述べた。

Microsoft の投資は、両社が大規模なスーパーコンピューティングに取り組み、AI を活用した新しいエクスペリエンスを生み出すのにも役立つ、とリリースは述べています。

OpenAI は、AI 研究者によって世界のトップ 3 の AI ラボの 1 つとしてランク付けされており、Dota 2 などのビデオ ゲームで人間を打ち負かすことができるゲームプレイ AI ソフトウェアを開発しています。ただし、AIテキスト ジェネレーター GPT-3と風変わりなAI 画像ジェネレーター Dall-Eにより、より多くの注目を集めていることは間違いありません。

CNBC Pro の技術と暗号の詳細を読む

ChatGPTは、シリコン バレーの過去のチャットボットよりもはるかに高度で創造的な方法で、書かれたプロンプトに基づいてテキストを自動的に生成します。このソフトウェアは 11 月下旬にデビューし、2007 年にAppleが iPhone を発表したときと比較して、技術幹部やベンチャー キャピタリストが Twitter でこのソフトウェアについて大騒ぎしたため、すぐにバイラル センセーションを巻き起こしました。

このテクノロジーは、Google の幹部の注目も集めており、最近の全社会議で、Google には同様の AI 機能がありますが、AI チャット テクノロジーで動きが速すぎると、その評判が損なわれる可能性があると述べました。

OpenAI の創設者には、Sam Altman、Teslaおよび SpaceX の CEO である Elon Musk、Greg Brockman、Ilya Sutskever、Wojciech Zaremba、および John Schulman が含まれます。このグループは、立ち上げ時にベンチャーに10億ドル以上を投資することを約束しました。Musk は 2018 年 2 月に取締役会を辞任しましたが、寄付者としての立場は維持しました。

— CNBC のジョナサン ヴァニアンとジェニファー エリアスがこのレポートに貢献しました。

Source: https://www.cnbc.com/2023/01/23/microsoft-announces-multibillion-dollar-investment-in-chatgpt-maker-openai.html

Binanceに対するCoinbaseディレクターのインサイダー取引の主張は規制の失敗を浮き彫りにする

InvestorPlace – 株式市場ニュース、株式アドバイス、取引のヒント

暗号会社間の関係は緊張しています。20 年以上前のドットコム革命と同様に、これらの企業は新進気鋭の業界を支配しようとしています。コインベース (NASDAQ:COIN) とバイナンス (BNB-USD) で投資家が今週目にするように、彼らはトップに立つためにお互いに引っ掻き合っています。しかし、仮想通貨市場と規制当局との関係はさらに緊張しています。コインベースが競合他社のトレーディングフロアでのインサイダー取引疑惑に注意を喚起する中、このニュースは、規制当局の仮想通貨に対するアプローチが本当に可能な限り効果的であるかどうかについての議論を促しています.

Coinbase の Conor Grogan は、週末に Binance でいくつかのビッグショットを撮りました。米国で最も著名な仮想通貨取引会社の取締役は、最大の競争相手がインサイダー取引を行っていると非難しています。Grogan 氏は、Binance が仮想通貨を上場する意向を発表する直前に、ウォレットが仮想通貨を大量に積み込んでいる複数の疑わしい取引の証拠を発見したと主張しています。発表されると、これらのウォレットは信じられないほどの利益のために保有物をアンロードします。

Grogan 氏の主張は、他のアナリストやブロックチェーン データの探偵によって裏付けられているようです。もちろん、彼の会社はインサイダー取引にも非常に物議を醸しています。2022 年 8 月、司法省 (DOJ) と証券取引委員会 (SEC) は、Coinbase の元プロダクト マネージャーを含む 3 人を逮捕しました。規制当局は 3 人をインサイダー取引で起訴し、Ishan Wahi 氏が雇用主からのインサイダー情報を利用して共犯者との取引を進めたとして非難しました。

史上初の暗号インサイダー取引の逮捕により、進行中の裁判が行われましたが、被告の1人は有罪を認め、10か月の懲役刑に直面しています. これらのバイナンスの告発が真実であれば、インサイダー取引のさらに大きな例になります。また、規制当局の現在の施行方法で十分かどうかについても検討が必要です。

インサイダー取引はアメリカの投資家にとって脅威です

明確にするために、バイナンスは何も問題なく逃げているわけではありません。同社には、規制当局が常に首をかしげています。現在、アクティブなプローブがいくつかあります。それでも、Grogan らが指摘するように、規制当局が黙認しているインサイダー取引の決定的な証拠があります。

インサイダー取引は、SEC が会社に対して実施しているマネーロンダリング調査ほど悪質な脅威ではないかもしれません。実際、その何年にもわたる調査は、取引アプリでの活動をダークウェブのドラッグ市場などと結びつけています。しかし、インサイダー取引は、特に取引の規模を考えると、被害者のいない犯罪ではありません。

インサイダーが何千もの特定の資産を購入して捨てると、価格に顕著なマイナスの影響を与える可能性があります。十分な資産を持つインサイダーは、ウォレットをオフロードすることで資産を効果的に完全にタンクに入れるか、完全に製造された恐怖に駆り立てられた売却を引き起こすことができます.

これを念頭に置いて、なぜ規制当局はこのデータに飛びついてバイナンスを調査しないのでしょうか? 結局のところ、アメリカの投資家は、自分たちを犠牲にして価格を操作するインサイダー クジラの脅威にさらされています。それはすべて、明確さの欠如に関係しています。

Coinbaseディレクターの主張は、規制の明確化の必要性を物語っています

投資家が規制当局の仮想通貨の取り扱い方法に疑問を投げかけている理由はたくさんあります。多くの人がそれを呼んでいる「執行による規制」は、SECが決定した暗号プロジェクトに対してその権限を行使する能力です。規制が明確でないことを利用して、柔軟性を高めています。これは、SEC が調査対象の企業を選択することを許可したことに対する批判を集めています。

元 SEC 長官のジョン・リード・スタークは、規制の明確さを放棄するという SEC の選択を擁護するために跳躍しました。彼は、暗号規制に対する批判を「根拠がなく」虚偽に満ちていると呼んでいます。彼は、施行によるこの規制が機能する証拠としてドットコム時代に言及し、「インターネットを取り締まる [SEC] の柔軟性により、初期のオンライン証券詐欺のより悪質な事例が一掃された」と述べています。

しかし、Binance の内部関係者による不正行為の Grogan やその他の証拠は、Stark がそう思わせようとしているように、この規制戦略が効率的に機能していないことを示しています。Grogan のデータは、これらの疑わしい取引が 1 年以上、あるいはそれ以上続いていることを示しています。データは非常にひどいものに見えますが、18 か月以上経っても、これらのトランザクションが停止した兆候はありません。

規制が明確であるために、SEC はこれらの取引を早期に検討する必要があったでしょうか? そうでしょう。また、ブロックチェーンの専門家と規制当局との足並みを揃えることもできます。これらの取引を監視してきた探偵は、規制当局が何を調査しようとしているのかについてより明確な説明があれば、当局に対してより迅速かつ積極的にフラグを立てることができます。代わりに、彼らはソーシャル メディアの屋上から仮想通貨の不正について叫びます。実際、これらのインサイダー取引報告を取り巻くニュースは、これまで以上に執行モデルの偽善による規制を浮き彫りにしています。

発行日現在、ブレンデン・リアリックは、この記事で言及されている証券に (直接的または間接的に) ポジションを持っていませんでした。この記事で表明された意見は、InvestorPlace.com パブリッシング ガイドラインの対象となる筆者の意見です。

Brenden Rearick は、InvestorPlace の Today’s Market チームの金融ニュース ライターです。彼は主にデジタル資産とテクノロジー株をカバーし、暗号規制と DeFi に焦点を当てています。

詳しくはInvestorPlace


  • このAppleプロジェクトが稼働する前に、この5ドルの株式を購入してください

  • 今日できる最高の 1 ドル投資

  • 500ドルでも500万ドルでも構いません。これを今すぐ実行してください。

  • 初期のビットコイン億万長者は、彼の次の大きな暗号取引を「オンエア」で明らかにします

投稿 Coinbase Director の Binance に対するインサイダー取引の主張は、規制の失敗を強調する InvestorPlace に最初に登場しました。

Source: https://markets.businessinsider.com/news/stocks/coinbase-directors-insider-trading-claims-against-binance-highlight-regulatory-failures-1032034722?op=1

暗号通貨の価格予測: ライトコイン、カルダノ、イーサリアム – アメリカン ラップ 1 月 25 日

ライトコインの価格は冬の間、階段状に上昇しており、確立された上昇トレンドがさらに上昇し続けることを示唆しています。しかし、現在の価格水準付近でのレジスタンスを過小評価すべきではありません。強気派が押し上げ続けたとしても、機関投資家がライトコインの価格を押し上げて先行するリスクがある。

カルダノ(ADA)の価格は苦境の兆候を示しており、ラリーの一部が取り除かれているため、いくつかの問題が発生していることを示しています. これまでのところ、61%の上昇の10%しか戻っていませんが、フェードがどのように起こっているかは心配する理由です. 他の暗号通貨が価格行動を支える非常に重要なサポートポイントを近くに持っているのに対し、ADAはぶら下がっており、強気派がセンチメントを有利に戻すことができない場合、さらに10%下落する予定です.

ADA/USD 日足チャート

Ethereum (ETH) price sees pressure mounting as profit-taking gets sped up by bulls exiting their positions in light of the risk events into next week. With several big central banks set to issue their first monetary policy meeting for the year, traders are bracing for a cold shower as several central bankers have recently issued warnings that a victory dance in the markets is too early and too premature since inflation remains historically elevated. As long as the 200-day Simple Moving Average (SMA) at $1,425 holds, the rally is intact, while any lower break is a warning sign.

ETH/USD 日足チャート

Information on these pages contains forward-looking statements that involve risks and uncertainties. Markets and instruments profiled on this page are for informational purposes only and should not in any way come across as a recommendation to buy or sell in these assets. You should do your own thorough research before making any investment decisions. FXStreet does not in any way guarantee that this information is free from mistakes, errors, or material misstatements. It also does not guarantee that this information is of a timely nature. Investing in Open Markets involves a great deal of risk, including the loss of all or a portion of your investment, as well as emotional distress. All risks, losses and costs associated with investing, including total loss of principal, are your responsibility. The views and opinions expressed in this article are those of the authors and do not necessarily reflect the official policy or position of FXStreet nor its advertisers. The author will not be held responsible for information that is found at the end of links posted on this page.

記事の本文で明示的に言及されていない限り、執筆時点では、著者はこの記事で言及されている株式に何の役職も持っておらず、言及されている企業とは取引関係がありません。著者は、FXStreet 以外から、この記事を書いたことに対する報酬を受けていません。

FXStreet と著者は、個人的な推奨事項を提供しません。著者は、この情報の正確性、完全性、または適合性について、いかなる表明も行いません。FXStreet および著者は、この情報およびその表示または使用に起因する誤り、省略、または損失、傷害、損害について責任を負いません。エラーと脱落は除きます。

著者と FXStreet は登録投資顧問ではなく、この記事の内容は投資アドバイスを意図したものではありません。

ADA/USD 日足チャート

Source: https://www.fxstreet.com/cryptocurrencies/news/cryptocurrencies-price-prediction-litecoin-cardano-ethereum-american-wrap-25-january-202301251938

投資銀行は厳しい年を迎えている: 2023 年に回復できるか?

JPモルガン・チェース ( JPM -0.33%)、ゴールドマン・サックス ( GS -0.71%)、モルガン・スタンレー ( MS -0.95%) などの投資銀行にとって今年は厳しい年だった。少なくとも、過去 1 年間に直面した状況では、この市場で株式公開を望んでいる人はいません。ゴールドマン・サックスは最近、投資銀行部門の不振に伴い、3,200 人の従業員を解雇すると発表しました。

インフレ、金利、地政学的な不確実性はすべて、投資銀行にとって不利な環境を作り出す一因となっています。予測が難しい状況の中で、企業は株式公開を控えています。しかし、希望は間近に迫っている可能性があります。投資銀行がすぐに回復するために必要なことは次のとおりです。

連邦準備制度理事会のインフレ対策が市場に波及効果をもたらす方法

これは、企業の資金調達に広範囲に影響を与える困難な市場でした。問題の根源は、インフレとそれを引き下げるための連邦準備制度の行動です。

インフレは 2 年近く続いており、FRB が行動を起こしたのは昨年になってからです。FRB がインフレを抑える方法の 1 つは、金利を上げることです。この背後にある考え方は、金利の上昇が貯蓄の増加と支出の削減を促し、経済から現金を奪い、貯蓄者に高いリターンを与えるというものです。

金利の上昇は債券の発行に影響を与えます。特に、企業がそのような高い金利で負債を引き受けたくない場合はなおさらです。金利の上昇は、企業の評価にも影響を与えます。債券投資は、より高くリスクの低いリターンのために、より魅力的になるからです。

IPO活動が急落し、株式引受が打撃を受ける

金利は、ここ数十年で見られなかったペースで上昇しています。その結果、非公開企業を含む株式全体で、より大幅な価格の再評価が見られました。これにより、企業が債務の発行や新規株式公開 ( IPO )による株式公開に不安を抱く状況が生まれています。

米国の主要な投資銀行の最近の収益を見ると、その影響がわかります。JPモルガン・チェースの投資銀行の収益は、年間で52%減少しました。一方、モルガン・スタンレーとゴールドマン・サックスは、IB 収益がそれぞれ 49% と 48% 減少しました。

これらの下落の最大の要因は、IPO 活動が急落したため、株式引受がほとんど存在しなかったことです。グローバルな専門サービス会社である EY によると、米国での IPO は調達した資金の総額で 20 年ぶりの低水準に達しました。モルガン・スタンレーでは、株式引受の収益が 81% 減少し、JP モルガンでは収益が 69% 減少しました。

投資銀行業界の回復の鍵はセンチメントと見通し

JPモルガン・チェースの最高財務責任者であるジェレミー・バーナム氏は、投資銀行業務が回復するためには、人々が「バリュエーションと市場の水準に慣れる」必要があると述べています。過去 1 年間はボラティリティが非常に高かったため、企業は行動を起こす前に市場がより安定することを望んでいます。

市場が安定すれば、企業はバリュエーションが以前の水準を下回っても安心し、最終的に動き出す可能性があります。EY グローバル IPO リーダーのポール・ゴー氏は、投資銀行は 2023 年にゆっくりとスタートする可能性が高いと述べています。

ただし、下半期にはさらに有利な状況が発生する可能性があります。これらの状況をもたらす可能性があるのは、インフレ率の低下と利上げの縮小です。最後に、企業が株式公開や債務増額の適切な機会を待つため、センチメントは改善する必要があります。

Barnum 氏によると、JP モルガンの取引パイプラインは強固であり、多くの企業が資金調達を望んでいます。状況が改善されれば、投資銀行業界に良い追い風が吹き、その過程でこれらの企業の株価が押し上げられるでしょう。

JPモルガン・チェースは、モトリーフール社のアセントの広告パートナーです。コートニー・カールセンは、モルガン・スタンレーで役職に就いています。モトリーフール米国本社は、ゴールドマン サックス グループと JP モルガン チェースに投資し、推奨しています。モトリーフール米国本社には開示ポリシーがあります。

金利は、ここ数十年で見られなかったペースで上昇しています。その結果、非公開企業を含む株式全体で、より大幅な価格の再評価が見られました。これにより、企業が債務の発行や新規株式公開 ( IPO )による株式公開に不安を抱く状況が生まれています。

Source: https://www.fool.com/investing/2023/01/25/investment-banks-are-coming-off-a-tough-year-can-t/

Josh Hawley は、議員が在職中に株式を取引して利益を得ることを禁止する PELOSI 法を導入します。

米上院の共和党議員は、議員とその配偶者が株式を取引することを阻止しようとしており、当局者は特権的な情報を持ち、法案のタイトルを使用して元下院議長のナンシー・ペロシをそれほど微妙ではありません.

火曜日、ジョシュ・ホーリー上院議員 (R-Mo.) は、正式には、選出された指導者が証券および投資を所有することを防止する法律である PELOSI 法を導入しました。入庁。

「国会議員とその配偶者は、株式市場で金持ちになるために自分の立場を利用すべきではありません。今日、議会議員による株式取引と所有を禁止する法律を導入します。私はそれをペロシ法と呼んでいます」と彼は書いた火曜日のツイッター。

この法案は、ナンシーの夫であるポール・ペロシが、議会が半導体業界に 5,200 万ドルを配分する数日前に、100 万ドルから 500 万ドルの株式を半導体に交換していたという昨年の暴露を受けて出されたものです。株式はその後、不適切な外観を取り除くために赤字で売却されました。

ナンシー・ペロシは、夫のポールの株式取引で呼び出されました:彼女は「究極のインサイダー」です


下院議長のナンシー ペロシは、2022 年 12 月 22 日に国会議事堂での記者会見で演説します。

下院議長のナンシー・ペロシは、2022 年 12 月 22 日に国会議事堂での記者会見で演説します。 (Ting Shen/Bloomberg via Getty Images)

他の議員とその配偶者は、コロナウイルスのパンデミックに関する機密ブリーフィングを受けた後、投資を売却したRichard Burr上院議員を含め、同様に有利な取引を行っています.

Hawley の法案では、ミューチュアル ファンド、上場投資信託、米国債の購入は除外されています。

Hawley の法案は、議員が得た利益をアメリカの納税者に返還することを要求するものです。

また、1978 年の政府倫理法を具体的に修正します。この法律は、一般にインサイダー取引として知られている私的利益のために非公開情報を使用することを禁止しています。これは、ビジネス リーダーや日常のアメリカ人にとってすでに違法です。

CNN、MSNBC、ABC、CBS、NBC は、ペロシの夫が投票前に 100 万ドル以上のコンピューター チップ株を購入することを無視

The bill currently requires the President of the United States, the vice president, specific executive branch employees, the Postmaster General, some civilian employees, certain members of Congress, and judicial officers to file a report that includes the source, type, and value of income gained from any source other than their current employment.


ジョシュ・ホーリー上院議員、2022 年 9 月 13 日。

Sen. Josh Hawley on Capitol Hill, Sept. 13, 2022. (Kevin Dietsch/Getty Images)

This bill was previously amended in 2012, when Rep. Louise McIntosh Slaughter, D-N.Y., and Sen. Joe Lieberman, I-Conn., introduced the “Stop Trading on Congressional Knowledge Act” or the “STOCK Act” to help eliminate congressional insider trading.

The legislation, which was signed into law, prohibits lawmakers and employees from utilizing information gained through legislative meetings to profit privately. The act also says lawmakers are not exempt from insider trading prohibitions under securities laws.

It requires congressional lawmakers to report any stock transactions by themselves or their family members of $1,000 or more within 45 days.

The push to prevent lawmakers from privately profiting through their public office has bipartisan support, and Hawley, and others on both sides of the proverbial aisle have initiated legislative action to outlaw such action.

Earlier this year, Hawley introduced a bill that would ban lawmakers from making stock trades while in office. Sens. Jon Ossoff, D-Ga., and Mark Kelly, D-Ariz., introduced similar legislation.

THERE’S A CASE FOR AN INSIDER TRADING INVESTIGATION INTO PAUL PELOSI: LEGAL EXPERT

Earlier this month, Reps. Chip Roy, R-Texas, and Abigail Spanberger, D-Va., reintroduced a bill that would ban lawmakers and their family members from trading individual stocks or using their public office for “political gain.”


2023 年 1 月 17 日火曜日、ホワイトハウスのイースト ルームにいるナンシー ペロシ議員と夫のポール ペロシ。

Rep. Nancy Pelosi and her husband Paul Pelosi, in the East Room of the White House on Tuesday, Jan. 17, 2023. (Al Drago/Bloomberg via Getty Images)

The TRUST Act, formally the Transparent Representation Upholding Service and Trust in Congress Act, would require lawmakers and family members to transfer specific investments into a qualified blind trust while serving in Washington.

“Strengthening our democracy and building true resilience against corruption is not just about preventing unethical decisions, but it is also about addressing the feeling among many Americans that their elected officials and government don’t work for them. This perception is damaging to our democracy, and the TRUST in Congress Act would help build trust and assure the public that members of Congress are not serving their own financial interests,” Spanberger said at the time.

CLICK HERE TO DOWNLOAD THE FOX NEWS APP

She also said the bill would create a “firewall between members of Congress and their investments.”

法案の当初の共催者には、共和党のスコット・ペリー議員、共和党議員のマット・ゲーツ議員、民主党のジェリー・ナドラー議員、民主党のジェリー・ナドラー議員、カリフォルニア州民主党のアダム・シフ議員、ダスティ・ジョンソンのRSD議員、ニケマ・ウィリアムズ議員、 D-Ga., Dean Phillips, D-Minn., Chellie Pingree, D-Maine, Angie Craig, D-Minn., Mary Gay Scanlon, D-Pa., Brian Fitzpatrick, R-Pa., Pete Sessions, R-テキサス、グレース・メン、D.Y.、およびジョー・コートニー、D-Conn.

この法案は、ナンシーの夫であるポール・ペロシが、議会が半導体業界に 5,200 万ドルを配分する数日前に、100 万ドルから 500 万ドルの株式を半導体に交換していたという昨年の暴露を受けて出されたものです。株式はその後、不適切な外観を取り除くために赤字で売却されました。

Source: https://www.foxnews.com/politics/josh-hawley-introduces-pelosi-act-bar-lawmakers-trading-stocks-profiting-office

財務省は、債務制限の違反を回避するために退職金を利用します



国債限度額

ジャネット・イエレン財務長官は以前、このような措置が少なくとも6月初旬まで政府の運営を維持する可能性が高いと推定していた.


財務省は、木曜日に連邦政府の債務上限に達した後、米国の支払い不履行を回避するための特別措置の使用を開始しています。


財務省は、政府が運営する退職者向けの 2 つの基金への投資を変更しています。これにより、財務省は、全体的な債務水準を引き上げることができなくても、連邦政府の支払いを継続できるようになります。


ジャネット・イエレン財務長官は、木曜日に両党の議会指導者に書簡で通知した。彼女は先週、債務上限が1月19日に達すると警告したときに、すでに彼らに計画を通知していました.


Yellen reiterated that the period of time that the extraordinary measures will avoid the government running out of cash is “subject to considerable uncertainty,” and urged Congress to act promptly to boost the debt limit. Last week she said the steps wouldn’t likely be exhausted before early June.


[More: Advisors downplay prospects for debt default, comfort clients]


The specific funds affected by the Treasury’s move are:



  • The Civil Service Retirement and Disability Fund, or CSRDF, which provides defined benefits to retired and disabled federal employees

  • The Postal Service Retiree Health Benefits Fund, or PSRHBF, which provides postal service retiree health-benefit-premium payments.


The two funds invest in special-issue Treasury securities that count under the debt limit. After the debt limit is increased, they will be “made whole,” with participants unaffected.


It’s far from the first time the Treasury has resorted to these moves: Since 1985, the agency has used such measures more than a dozen times.


For the CSRDF, Yellen said that the Treasury is entering a “debt-issuance suspension period” starting Thursday and lasting through June 5. The Treasury will suspend additional investments credited to the fund and redeem a portion of the investments held by it, she said.


As for the PSRHBF, the Treasury will suspend additional investments of amounts credited to that fund, Yellen said.


Last week, Yellen had advised that the Treasury also anticipated tapping — this month — the resources of a third fund, the Government Securities Investment Fund of the Federal Employees Retirement System Thrift Savings Plan. The so-called G Fund is a defined-contribution retirement fund for federal employees, and also invests in special-issue Treasury securities that count under the debt limit. Yellen’s letter on Thursday made no mention of the G Fund.


Yellen’s letter didn’t specify the amount of headroom under the debt ceiling that would be created by the extraordinary measures she listed.


The Treasury probably now has $350 billion to $400 billion of headroom available in all, said Gennadiy Goldberg, a senior U.S. rates strategist at TD Securities. That, along with the influx of revenue that will come from individual income taxes due in April, should let the Treasury go until sometime in the July to August window without running out of cash, he said.


Other measures the Treasury has taken in the past to conserve headroom under the debt limit include suspending the daily reinvestment of securities held by the Exchange Stabilization Fund. That’s a special vehicle that dates back to the 1930s, over which the Treasury secretary has wide discretion.


財務省は以前、州政府および地方政府の一連の財務省債の発行も停止しました。これらの証券は、州および地方政府が現金を預けることができる場所であり、連邦政府の債務制限にカウントされます。これらの政府は、SLGS の発行が停止されると、他の資産に投資する必要があります。


Robertson Stephens の CEO である Raj Bhattacharyya との「IN the Office」


この記事の転載とライセンスの詳細については、こちらをご覧ください。


ブルームバーグニュース

Source: https://www.investmentnews.com/treasury-taps-retirement-funds-to-avoid-breaching-debt-limit-232942