米国、他のAPEC代表団がロシア語話者に出て行く


タイの首都で開催されたアジア太平洋経済協力グループの貿易相会議で、ロシアの代表が開会の辞を述べたとき、米国と他の4か国の代表がストライキを行った。


バンコク-タイの首都で開催されたアジア太平洋経済協力グループの貿易相会議でロシアの代表が開会の辞を述べたとき、米国と他の4カ国の代表団が土曜日にストライキを行ったと当局者は述べた。




バンコクの米国当局者はストライキを確認しましたが、それ以上の詳細は提供しませんでした。彼は身元を明かさないように頼んだ。議事は非公開のセッションで行われたため、事件について話すことには外交上の敏感さがあります。米国通商代表のキャサリン・タイが会議でワシントンを代表している。


タイは、21カ国で構成されるAPECの会合の今年の開催国です。2日間の貿易大臣会合は日曜日に終了します。


東南アジアの外交官は、匿名を条件に、ロシアの経済開発大臣であるマキシム・レシェトニコフ氏が開会の辞を述べたのと同じように、ストライキが行われたと述べた。


彼は、5つの抗議国の代表とそのスタッフが明らかに計画された行動であるように見えるもので一緒に出て行き、Reshetnikovが彼の発言を終えた後に戻ったと言いました。


西側諸国は、ウクライナへの侵攻により、ロシアに厳しい外交的および経済的制裁を課しましたが、APEC加盟国の多く、特に東南アジアとラテンアメリカは、そのような動きから距離を置いています。ウクライナでの戦争は、特に食品部門のサプライチェーンを混乱させたため、大きな貿易問題を引き起こしました。


APECは、メンバー間の経済統合と貿易を促進することにより成長を後押しするために1989年に発足しました。


———


AP通信のライターである東京の山口真理、ニュージーランドのウェリントンのニック・ペリー、バンコクのデビッド・ライジングがこのレポートに寄稿しました。


ABCニュース


Source: https://abcnews.go.com/Business/wireStory/us-apec-delegates-walk-russian-speaker-84876649